私の住んでいる地域は
定期的に防災関係のことが書かれている冊子のようなものがポストの中に入っているのですが、今回入っていたものは今までの中で1番いいかも。

IMG_7635

防災についての備えについてや
いざという時にどう行動するのか
応急処置の方法、東日本大地震被災者の
体験談など、あれこれが書いてあるので勉強になります。


電話番号はいくつ覚えていますか?



みなさんは自分の電話番号も含めて
いくつ覚えていますか?
家族の番号くらいはスラスラっと言えますか?


自分はいくつ覚えているかな~と書き出してみたら
・自宅
・自分の携帯番号
・主人の携帯番号
・実家の電話番号
・義実家の電話番号

完璧に覚えているのはこれだけでした。


いざというとき
もしかしたら自分のスマートフォンが使えないかもしれません。


そういう時のために、災害用バッグと子どもたちのランドセルの中には
・私と主人、義父の携帯電話番号
・自宅の電話番号と住所
を書いたものを入れているんですが、
この防災タウンページの中に
これはいい!というページがあったので使うことにしました。


被災地同士はつながりにくい



2011年の東日本大震災の時、
私は息子とホームセンターにいました。

娘は幼稚園にいるからきっと大丈夫。家に戻ったらすぐに迎えに行こう。

トラックに乗っている夫は大丈夫?
運転中なのか。荷降ろし中なのか。
もし荷物をおろしているところだったら崩れたりしてない?

夫と母が心配だったのですぐに電話をしてしましたがつながりません。

主人は10分くらいしたらつながりましたが母や友達にはなかなかつながりませんでした。

防災タウンページに書いてありましたが
被災地同士はつながりにくくなるそうです。

IMG_7634

なので

・家族データ
・かかりつけの病院
・家族の避難場所

 この他に
・遠くの親戚、知人
の連絡先があると安心だとのこと。


私も主人もお互い地元なので
交流のある遠くの親戚や知人がいませんが、いる方はそういう方の連絡先も書いておくと安心かもしれません。

よかったら取り入れてみてくださいね♡




にほんブログ村テーマ 災害に遭遇した時に必要なものは?へ
災害に遭遇した時に必要なものは?


本日もお読みいただきありがとうございました。




ランキングに参加しています。
こちらのバナーに応援クリックしていただけるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


シンプル&ミニマルライフの参考に♡

スポンサーリンク