昨日の記事で言っていた、わが家のくすり箱事情。




どうなっているのか写真でご紹介たいと思います。

薬を入れている入れ物は、主人が独身時代に働いていた会社でもらってきた救急箱を使っています。

IMG_9839
 
かわいい木箱の救急箱に憧れた時期もありましたが
結局買い替えることなくこのケース。

まぁ別に薬が入ればなんでもいいし。
目に見える場所に置くわけではないのでこのままでよし。


ではくすり箱を開けてみましょう。

はい。

IMG_9840


扉を開け、ふたの部分には湿布を入れています。

IMG_9849

昔は滅多に使いませんでしたが、肩や腰が痛いことが増え使う頻度が高くなってきました。
かなしい(´⌒`。)


いちばん大事な必須アイテムは頭痛薬。

IMG_9841

いざというときの総合風邪薬。
子供用と大人用とを別々で購入するのは手間なので
対象年齢を確認してみんなで使えるものを選んでいます。

粉薬は苦手なのでカプセルか錠剤を買っています。

IMG_9844

鼻がずるずるしてきたときにはアネトン。

IMG_9850

しょっちゅうお腹が痛くなってしまう息子の精神安定剤、ビオフェルミン。

IMG_9842

これからの時期に大活躍、ムヒ。

IMG_9843

体温計や耳かき、爪切り・絆創膏・包帯などなど。

IMG_9847


ものもらいらしきものができた時に購入した目薬。

IMG_9845

IMG_9846

使用期限が今月までだったので、もう少ししたら処分します。


これは使っていないからくすり箱から出そうかな。

IMG_9852

テープ代わりに活用して使い切ろう。


あと、写真を取り忘れましたがオロナインもあります。
(現在娘の部屋にお出かけ中)

すりきず・きりきず・ひび・あかぎれ・やけど・にきび・しもやけ・・・
なにかあったらとりあえずオロナインを塗れば大丈夫!というくらい
いろんなことに使える万能薬。

吹き出物ができたらすぐに塗る!
塗らないでいるより塗った方が治りが早い気がします。

大きいとなかなか使い終わらないので
容量が少ないチューブタイプのものを愛用中。




使い終わってしまったため今はありませんが、冬の間はヴェポラップも活躍します。


子供たちが小さい時、鼻が詰まったり咳で苦しい時には
「早く良くなぁれ」「早くげんきになぁれ」といいながら胸に塗ってあげていた思い出。

今は各自で塗れちゃいます。
ちょっぴりさみしいオヤゴコロ・・・。



以上がわが家のくすり箱の中身でした。

こうやって見てみると、胃腸薬はないけどそこそこ持っていましたね。

近くにドラッグストアがあるからたくさん常備しなくても大丈夫。
必要になったらその時に購入すればよし。
これからも持ち過ぎないようにしていこうと思います。



本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
こちらのバナーに応援クリックしていただけるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


更新のお知らせがLINEで届きます♪









スポンサーリンク